「しんぶん赤旗」2024/3/25

長崎・大村で演説会 小池書記局長が訴え

 衆院長崎3区補選(4月16日告示、28日投開票)と、来るべき総選挙の必勝のため、日本共産党の小池晃書記局長を迎えたとう演説会が24日、長崎県大村市内で開かれました。小池氏が、金権腐敗、「経済無策」「戦争国家づくり」、人権後進国の状況をつくった自民党政治を終わらせようと呼びかけ。「それに代わる希望の道を示し誠実に市民と野党の共闘を追求してきた日本共産党を強く大きくできるかに日本の未来がかかっている」と支持。・支援を訴えると、盛大な拍手がわき起こりました。

 同補選は自民党派閥のパーティー券収入をめぐる裏金事件で谷川弥一氏(自民党離党)の議員辞職に伴うもので、日本共産党は立憲民主党の山田勝彦衆院議員を自主的に支援しています。

 同演説会には、山田氏の父の山田正彦元農水省が激励のビデオメッセージを寄せ、社民党県連の坂本浩幹事長も訴えました。

 小池氏は、山田氏が国会で、洪水対策に役に立たず、新たな水源は必要ないのに住民と話し合いもせず農地を取り上げ、莫大ない費用を投じる石木ダム建設反対の論陣を張ってきたことを紹介し、「必ず勝たせようと」と呼びかけました。

 裏金づくりに関与した派閥幹部が政治倫理審査会で「知らない」などと繰り返し、世耕弘成前参院幹事長がキックバック(還流)復活を「誰が決めたかわからない。私が知りたい」と述べたことについて、「知りたいのは国民の方だ」と痛烈に批判しました。

 自民党調査では、政治資金終始報告書の不記載額は85人で計5億7949万円で、これに対する課税額は合計1億3533万円以上に上ると告発。「毎日」の世論調査で自民党議員を国税当局が「調査すべきだ」が9割を超えており、「税金を払えば済む問題ではないが『国民には増税、自民は脱税』を放置するわけにはいかない」と力を込めました。

 森喜朗元首相(清和会元会長おう)を含めた派閥幹部の「証人喚問で徹底解明を」と力説し、裏金という自民党ぐるみの組織的犯罪をたち、問題を解決するには「自民党政治を終わらせるしかない」と訴え、パーティー券購入を含む企業・団体献金の全面禁止と政党助成金廃止の実現を訴えました。

 小池氏は、陸上自衛隊が竹松駐屯地(大村市)に21日、「日本版海兵隊」といわれ、米軍っとともに海外に殴り込むためのす「水陸機動団」の第3連隊を発足させたと指摘。オスプレイを使って水陸機動団の輸送を可能とする「戦力化」を陸自が狙っていると告発しました。

 防衛省が墜落事故の原因を明らかにしないまま米軍に追随して陸自オスプレイの飛行を再開したことについて、「国民の命を守るのが最優先であるべきなのに、あまりにも米軍言いなりだ」と厳しく批判。同県佐世保市にも第1、第2連隊が配備されており、「このままでは佐世保・大村一帯が日米の軍事作戦の出撃拠点になり、真っ先に攻撃の対象になる」と警鐘を鳴らしました。